『サクリファイス』

近藤史恵/著:新潮社

近藤史恵/著:新潮社

300ページにも満たない文庫本。
オススメされて貸してもらったはいいが、
これがどうにもこうにも読み進まない。
いや、けっして面白くないからではない。
持ち歩いているカバンの中から一時的に
行方知れずになるような不幸がいくつか重なっただけ。

正直申し上げると、遅読の最大の要因は、
サイクルロードレースという舞台に馴染みがなく、
なかなか頭の中でうまくイメージできなかったこと。
なので、ついつい併読している本に逃げてしまう。
吾輩にもう少しモーターサイクルへの興味があれば…。
(その手の雑誌社に勤めていたこともあったのに)

ただ、中盤までくると、こんな吾輩にもようやく
サイクルロードレースというものが理解できるようになる。
そこからは堰を切ったように読み進み、
ミステリに不可欠な謎の解明に行き当たる。

“サクリファイス”とは“犠牲”。
最後の謎が解明されたとき、
そのタイトルに隠された真の意味が明らかとなる。
そして、(日本に限って)マイナなサイクルロードレースを
ストーリー仕立てでうまく紹介する小説ではなく
紛うことなきミステリ小説であることを思い知ることに…。

ちなみに、作中に大阪と奈良の境にある
暗峠”(くらがりとうげ)が登場する。
なかなかディープな地元フレーズに
それまで興味のなかったロードレースが
一気に近く感じられた。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

2013年11月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です