煮込みハンバーグ

冷凍庫の中がなかなか減っていかない。
そんなとき、大抵はひき肉がたくさんあったりする。
けっこう何にでも使えてしまうから、特価の度に買っては冷凍庫へ。
そうこうするうちに、積もり積もって何パックも冷凍してたりするわけで。

そんなときは、大量にミートソースを作るか、大量にこねて丸めるか。
今回は後者を選択。かくしてハンバーグとロールキャベツの肉ダネが出来上がり。
ここで本来なら一つひとつラップに包んで小出しに消費していきたいところだが、
一度解凍した食材を再び冷凍するのは衛生的にきわめてNG。

ならば一度に調理して、冷えても美味しくいただける煮込み料理の出番。
(もともとロールキャベツは煮込むんだけどね)
煮込むとなると、ソースが肝心。
まずはフライパンにバターを落とし、ハンバーグとキノコをソテー。
キノコには癖のないシメジとエリンギをチョイス。

itameru

キノコはなるべく大きく切ると良い

軽く焦げ目がついたら、ロールキャベツと赤ワインを投入。
なければ日本酒でも可(今回はなかったので日本酒)。

rol

きちんとアルコールを飛ばすこと

アルコールをとばしたら、ぐちゃぐちゃに潰したホールトマト1缶分を追加。
次に調味としてケチャップ、ウスターソース、塩(少々)、
黒胡椒(少々)、砂糖(ほんの少し)を入れる。

tomato

トマトを潰すときは缶の中で

あとは適当にハンバーグとロールキャベツを返しつつ、
焦げないようにぐつぐつ煮込んで出来上がり。

nikomi

一旦冷ますことで旨味はもっと染み込む

滲みでた肉汁が溶け込んだソースは、
旨味がたっぷり詰まった濃厚なものに。
ロールキャベツだと水溶き片栗粉でとろみをつけるところ、
水を一切使っていないからそのままで十分。
あとは、食べたい分だけ食べて、
残りを冷蔵庫に入れておけば二・三日は大丈夫。
レンジで温めなおしてもよし、
スライスチーズをのっけてグリルしてもOK。
冷めても美味しいから、弁当のおかずにも最適!

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村


料理 ブログランキングへ

2014年1月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です