イベリコ丼

ごくごくたま~に、会社帰りに立ち寄る焼鳥屋さん「藤彦」。
今年の10月下旬で1周年を迎えたばかりで、
贔屓にする常連や固定客が多い隠れた人気店。
それもそのはず。柔らかくてジューシーな大山どりが手軽につまめて、
美味しい日本酒や焼酎が飲めるのだから、口の肥えた飲兵衛にはたまらないはず。

今回は、そんな同店のランチメニューに名を連ねる逸品
「限定数量 イベリコ丼」(700円)をご紹介。
これだけを見れば、貴重なイベリコ豚の丼がリーズナブルにいただける
お得なランチだが、出てきた姿はその期待を予想以上に裏切ってくれる。

てっきり牛丼のように煮こまれてくるか、
はたまた沖縄のラフテイのような角煮、
もしくはカツ丼のようなフライ…なんて思っていたのに、
なんとその姿は、まさかのネギトロ丼風。

緑と赤のコントラストが美しい

緑と赤のコントラストが美しい

よもや豚が“生”で出てくるとは…。
ものは試しと一口いただいてみたら、これがトロットロのめちゃうま。
豚肉特有の臭みもなく、薬味のネギとも相性抜群。
熱い白飯に染み込んだ甘い醤油ダレと溶け出したイベリコの脂が相まって、
まったりと絶妙な旨味を口の中に醸しだす。
添えられたワサビをつけるとまた違った風味が楽しめ、
たしかにこれはネギトロ丼のイベリコ豚ヴァージョン。
火を通さないと食べられないという豚肉の概念を切り崩す、
イベリコ豚の底力を感じさせる大胆メニュー。
お近くにお越しの際はぜひ。

この他、カレー専門店でも出せないような
チキンの旨味いっぱいの「チキンカツカレー」もオススメ。

焼き鳥屋の域を超えている「チキンカツカレー」

焼き鳥屋の域を超えている「チキンカツカレー」

藤彦
<問合>06-6648-0135
<時間>11:30~14:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
<定休>無休
<住所>大阪府大阪市浪速区元町1-2-10
<交通>なんば駅(大阪市営)から100m

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村


レストラン・飲食店 ブログランキングへ

2013年12月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です