『走ることについて語るときに僕の語ること』

20130824_223348_1

村上春樹/著 : 文藝春秋

今の会社に入って間もなくの頃、読書好きのMさんにお借りした一冊。
たくさんの人からバイブルとされる名著であり、
Mさんにとってもそんな位置づけの本なのだという。

早速、数ページ読み進めてみたところ、なかなかページが進まない。
結局、借りっぱなしになってしまい、Mさんが退職した今になって読了したという為体。

誤解をしないでほしいのは、けっして面白くなかったからではない。
むしろ、背景にあるテーマは大変興味のあるものだし、
読み終えた今も、もう一度読み返したいという衝動にかられている。

おそらくそれは、ボクがあまりにも村上春樹に慣れていなかったからだろう。
これまでその著書のほとんどを読んでいないボクにとって、
彼の独特な表現方法を受け入れるのに少々手間取ってしまったのは否めない。

結果的にボク自身のバイブルにはならなかったけれど、
生きていく上でとても大事なことを、大家は同書でいくつも提示してくれている。
結局、返せずに頂戴することになったので(Mさん了承済)、
もう一度、今度はマーカーを引きつつ再読したいと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

2013年7月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です