里芋とイカの煮っ転がし

ひょんなことから手に入れた泉州の里芋。
潰してコロッケなんかしてにもいいかな…と
買ったときは思っていたけれど、
めちゃうまい醤油を奈良の醸造元で買ったのを思い出し、
急遽、定番の煮物に変更。

甘露(左) 濃口(右) 薄口(左奥)

甘露(左) 濃口(右) 薄口(左奥)

でもって、そのまま煮込んでもつまんないから、
イカを買って、一緒に煮っ転がすことに。

ともかく里芋を洗い、皮をむく。
ちょっと厚めにむくのがコツ。
軽くヌメリをとって、味がしみやすいように
たっぷりの水でまずは下茹で。

その間にイカのワタをとって胴は輪切りに、
ゲソは2本づつぐらいに切り分ける。
もちろん、エンペラももったいないから使う。
皮はむかなくてもOK。

鍋で少量の油とショウガを炒め、
まずはイカを投入。
軽く火を通したら、ひとまず取り出し、
空になった鍋で今度は里芋を煮る。

イカは火を通しすぎると固くなるので、ひとまず取り出しておく

イカは火を通しすぎると固くなるので、ひとまず取り出しておく

ダシと醤油、酒、みりん、砂糖を入れ、
里芋が柔らかくなったらイカを再び投入し、
あとは水気が少なくなるまで転がしていれば出来上がり。

鍋を揺すって焦げないように煮っ転がす

鍋を揺すって焦げないように煮っ転がす

茹でた絹さやなんかを仕上がりに使うと
かなりビジュアルは増すんだろうけど、
客人に出すわけでもないならこれで上出来。

里芋は粘りがあってなめらかな食感がいい感じ。
イカのコクと醤油の風味が一体になって
白飯の減り方は普段の倍以上に。
辛口の日本酒にもピッタリな一品。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村


料理 ブログランキングへ

2013年11月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です