龍光寺(秋季大祭)

八大龍王尊本殿

八大龍王尊本殿

大阪と奈良の県境に横たわる生駒山脈。
その山上近くにひっそり佇む龍光寺。
干害に苦しむ民百姓を救うため、
弘法大師がこの地に八大龍王尊を勧請し、
請雨の大法を修めたのがことのはじまり。

かつては「生駒の八大さん」と呼ばれ、
はるばる遠方より参られる人も少なくなかったが、
今は春と秋に行われるいくつかの大祭を除くと、
ハイカーが時折訪れる程度の静かな聖域に。
それも、いわゆる普通の仏教寺院と異なり、
山岳修行者(山伏)の修行場としての趣が
色濃く残っているからかもしれない。

出世不動明王(奉恩大護摩供)

出世不動明王(奉恩大護摩供)

この秋の大祭では、出世不動明王尊が奉られた前で
山伏さんたちの行者問答やお焚き上げが行われる。
実はこの行者問答がちょっと芝居がかっていて、
なかなか見物なのだが、それはまた春の大祭にでも。

白蛇様

白蛇様

本堂の池には、頭に八の字が記された白蛇様がお住みになるという。
もちろんよほど幸運でないと、そのお姿を見ることはできないらしい。
なんとそのかわり、同寺で育てている白蛇様は拝見できる。
とっても神秘的で、なんだかとってもかわいらしい。

ちょっと遠いけど、アクセスは簡単。
近鉄生駒のケーブルカーに乗り、生駒山上遊園地へ。
園内の大阪側にある同寺ののぼりが目印。
入園料は無料なので、ハイキングがてら訪れてみては。

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村


神社・お寺巡り ブログランキングへ

2013年10月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です