カレーソーミンチャンプルー

ご当地料理は数あれど、トップ3に入るほど好きなのが沖縄料理だ。
シンプルで、それでいて味わい深く、庶民的なところがとてもいい。
一時期、ハマってしまっていろんな沖縄料理を食べ歩いたこともあったほどで、
今回ご紹介する「カレーソーミンチャンプルー」はそのときに出会って以来、
ボクの中でずっとベストワンの座に輝いている。

カレーソーミン

「そうめんを炒める」という発想がなんとも斬新で衝撃的。台風の時など、非常時の定番メニューとして生まれた料理のようで、沖縄にはいろんなソーミンチャンプルーが存在らしい。

材料はとてもシンプルで、そうめんとランチョンミートと玉ねぎをチャンプルーし、
上からかつお節をふりかけて紅しょうがを添えた、まるで焼きそばのような見た目なのだが、
これが焼きそばとは似て非なる食感と味わいで、クセになるほどうまい。
ランチョンミートから染みだした脂がそうめん1本1本にまとわりつき、
噛めば噛むほど旨味が口のなかに広がっていく。
さらに、カレースパイスの豊かな風味が全体を包み込み、
いつまでも飽きのこない味わいについ箸を伸ばしてしまう。

あまりの美味しさに見よう見真似で作ってみたが、これが何度チャレンジしてもうまくいかない。
束になって固まったり、油っこくなったり、焦げ付いたりと、
どうしてもそうめんがグテングテンのコテコテになるのだ。
今はもう諦めて、食べたいときにこのお店へ食べにくればいいと開き直っている。
それに、ほかのうまい沖縄料理を一緒にいただくことができるのだから。

たとえば「鶏肉のゴーヤチャンプルー」。
普通にチキンとゴーヤを炒めたものではなくて、一度チキンをから揚げにして炒めている。
だから正しくは「唐揚げとゴーヤのチャンプルー」なのだ。
唐揚げのジューシーな旨味がゴーヤのほど良い苦味と融合し、深い味わいがなんともいえない。

チキンゴーヤ

揚げたチキンとゴーヤの異なる食感がいい感じ。

もちろん、沖縄料理の代表ともいえる「らふてい」もはずせない。
箸でちぎれるほど柔らかく煮込まれた豚肉は、まさにコクの塊。
口に入れた途端とろけ出し、思わず白飯が欲しくなる。

ラフテー

角煮とはまったく違う味わいは、泡盛のおかげかも。

白飯といえば「ポーク玉子」も捨てがたい。
玉子焼きと炒めたランチョンミートのシンプルな料理だが
この組み合わせによる食感と味わいが絶妙なのだ。
もちろん、ここまでシンプルだと自分で作れるけれど(コチラを参照)。

ポーク玉子

ピンクとイエローの組み合わせがなんとも新鮮。見せ方もうまい。

思えばいずれも年配の方からお子様まで、幅広い層に美味しいと感じてもらえるものばかり。
味が複雑するぎると子どもはわからないし、単純すぎると大人は物足りない。
素材のいいところを最大限に引き出し、シンプルな組み合わせで万人が満足できるよう
独自に工夫し発展させてきた料理が沖縄料理なのかもしれない。

濃厚すぎず素朴な風味がくせになる「カレーソーミンチャンプルー」。
ぜひ、家族そろって食べてもらいたい。

蔵粋亭(くらしっくてい)
<問合>0742-36-4774
<時間>[月~土] 11:30~14:00 17:00~22:30(LO) [日・祝] 17:00~21:30(LO)
<定休>無休
<住所>奈良県奈良市芝辻町2-11-15 パレス新大宮1F
<交通>近鉄奈良線新大宮駅徒歩3分


にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村


レストラン・飲食店 ブログランキングへ

2015年7月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です