『村上海賊の娘 下巻』

20140724_225902_1

和田竜/著:新潮社

さてさて、下巻である。
凹みまくった村上の姫が瀬戸内へ帰ってきて
父・武吉の思い通りに慎ましく豹変したはずが、
やはりそこは海賊王の娘。
自ら化けの皮を剥がすのもまた早い。

姫の復活からそれほど間をおくこともなく、
海賊同士のプライドをかけた木津川口の合戦へ。
斬り斬られ、騙し騙され、落とし落とされ。
海上で繰り広げられる命のやりとり。
数日前に知己を得た者同士であっても、
敵となったからには「覚悟せい」と
容赦なく刃物が振り下ろされる。
そんな敵味方入り乱れた戦場の様子を
ワクワクしながら目で追っていると、
ふと頭をよぎったのがチャンバラである。

そのとき気づいた。
これは「歴史小説」ではなく「時代活劇」なのだと。
「大河ドラマ」ではなく「水戸黄門」や「桃太郎侍」なのだ。
さしずめ村上吉継・村上吉充は助さん格さん、
八兵衛は村上景親、風車の夜七は鈴木孫一といったところ。

上巻と違わず、無粋に挿し込まれる古書の出典や解説は、
もしかしたら少々荒唐無稽なこの時代活劇に
少しでも現実味を付与したいがためなのではないか。

そう考えると、終盤に見せる景姫の驚異的な戦闘力も
人外のような七五三兵衛のラスボス加減も素直に頷ける。

下巻のほとんどを占める果てしない戦闘シーンは、
さながら印籠を出すまえのお仕置きのようなもの。
素直に読み進めれば、それはとても長い見せ場の連続。
ぜひとも映画化してもらいたい(はるかちゃんで)。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

carolさんの読書メーター

2014年8月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です